二重まぶたにしたい人必見|リスクを理解した上で美容外科の施術を受けよう

リスクを理解した上で美容外科の施術を受けよう

女性

二重まぶたにしたい人必見

医師とナース

自分の目にコンプレックスを抱いている人は意外に多いです。目つきが悪く見えてしまったり、メイクをしてもアイラインが隠れてしまったりと不便を感じることがあるためです。わざわざ心斎橋のクリニックで美容整形をしなくても、市販のアイプチやアイテープで二重を作ることも可能ですが、毎日メイクをする時にその工程を行なうのは手間ですし、肌が弱い人はかぶれてしまうことがあります。美容整形で二重にすることでそんな悩みからも解放されます。心斎橋の美容外科クリニックで二重手術をしようと思っているのであれば、どんな術式があるのか把握しておくと良いでしょう。

美容整形と聞くとメスを使うイメージがあるかと思いますが、メスを使わずにできる二重手術もあります。それが「埋没法」です。顔にメスを入れたくないという人に人気のある施術方法です。まぶたの裏側から皮膚を糸で留めるだけで理想の二重を作ることができます。二重の幅も決められますし、何より施術が短時間で終わるので体への負担もなく気軽に受けられます。

腫れぼったい一重の場合、埋没法では上手く二重にならないことがあります。その場合は小切開法や目頭切開法が最適です。小切開法は、部分的に切開して二重を作る方法です。二重の効果は半永久的で、切開の跡もシワも目立ちにくいです。目頭切開法は二重を作る過程で余分な脂肪も一緒に取り除くことで自然な二重を作れます。まぶたが厚いというコンプレックスがある人は、この美容外科施術を受けることで外国人風のくっきりとした二重を作ることができます。この施術も小切開法と同様、効果が半永久的に持続します。

二重まぶた施術をする時にかかる費用は、心斎橋の美容外科クリニックによって異なります。目安は埋没法が6万円前後、切開法が25万円前後です。美容外科は病気の治療ではないので保険が適用されません。そのため費用は全て自己負担になります。心斎橋のクリニックによっては、カウンセリング料やアフターケアの料金が別で発生することもあるので、事前の確認を忘れないようにしましょう。